エグゼクティブ・サーチ、社外取締役・社外監査役(独立役員)のご紹介

サービス

経営幹部候補のアセスメント

自社の幹部の経営能力について客観的に評価をしたことはありますか。事業を発展させるためには、どのような資質・能力をもった幹部社員が必要なのでしょうか。弊社の提供するアセスメント・サービスは、最適な組織運営を実現したいと考える企業に対して、組織を構成する"経営幹部の人材力"についての客観的な評価基準と評価プロセスを、クライアントと一緒に作り上げてゆくものです。

具体的な適用ケース例

  • 急速に変化する市場環境に自社の幹部人材が対応してゆけるかどうか不安。将来の幹部にどのような能力が必要とされるのか見極め、それに基づいて適材適所の配置をしたい。
  • 最近同業他社に比べて業績が思わしくない。いったい何が問題なのだろうか。他社と比べて自社の幹部の能力・将来性を評価してみたい。
  • 社内の後継者候補をどのような基準で選任すればよいか迷っている。もしかしたら社内にはふさわしい候補者がいないのかもしれない。まずは社内の候補者を客観的な基準で評価してみたい。
  • 役員(部長)に昇進した幹部の能力・実績にばらつきがある。役員(部長)の昇進の基準はどうすればよいのだろうか。どのような役員(部長)が事業を発展させてくるのだろうか。統一した評価基準とプロセスをつくりたい。
  • 企業合併を行うことになり、2社を1社に事業統合することになった。いったいどのポジションに誰を配置したらよいのだろうか。たすき掛け人事をさけて、ハイ・パーフォーマンスな組織を作り上げたい。
  • ずっと親会社からの天下り人事を続けてきた子会社が業績不振に陥った。子会社の経営に必要な資質とは何だろうか。子会社のプロパー社員も含めて人材の棚卸をしてみたい。
 

このサービスに関するお問い合わせは、こちらまでお願い致します。